気道とは

「氣の道」を歩む

「氣道」とは…
文字通り、「氣の道」
自然(=生命、氣)に沿って生きることを指しています。

「氣」とは、
古来中国では、天の理(ことわり)に通じる言葉であり、
大宇宙と小宇宙(人体)を結ぶ架け橋である、呼吸にも関係し
そして、心に宿る思い、場の気配を伝える、奥深い言葉でもあります。

「道」と名がつくもの、武道、茶道、華道などは
日本において伝統的な体系ですが
これは、お稽古場の中で行うことだけでなく
本来、暮らしのあらゆる側面に、その思いや鍛錬の結果が現れるよう
日々歩んでいく「道」といえましょう。

氣道とは、一生を通じ、健やかな身心を育んでいく道です。

+αではなく内なる生命力を信頼し、自然に生きる

野生動物たちは、知識はなくても、本能、そして身体の備わった智恵をもって
のびやかに、いきいきと生きています。

人に元々備わっている、驚くほど精緻な感受性や洗練された野性を生かし
その人らしく、自然に生きることこそ
健康への第一歩と、氣道では考えております。

暑い季節、たくさん汗をかいた後の爽快感
寒い日に、あたたかいお風呂に浸かり、ほっと寛ぐひととき
空腹のとき、一番食べたいものを口にした瞬間の喜び
ぐっすりと深く眠り、自然に目が覚めたときの充足感

身心のリズム、大自然のサイクル
生命の流れに沿った行動には、さわやかな心地良さ、快感覚が伴うものです。

プラスアルファではなく、ニュートラルに…
裡(うち)からの声に耳を傾け、身心の自然な流れを妨げないよう、余分なことは行なわない

当会では、この点を重視しています。

内なる生命力に沿って、身心からの自然な要求にまかせていくことで
人は真の健康を取り戻すことが可能です。

いい換えるならば、氣道は「体にまかせる健康法」の集大成といえましょう。

「知る・考える」から「感じる」へ体からの声に、全ての答えがあります

手元にある雑誌や新聞をぱっと広げただけで、
目移りしそうなほど、様々な健康法や治療法が存在していますが…

「今の自分に本当に必要なものは何か?」

と、じっくりお考えになったことはおありですか?

今の自分にとって最適なものを、確実に選ぶためには
「知る・考える」から「感じる」へのシフト(転換)が、実は一番の早道です。

しかし、季節感を失い、リズムやバランスが乱れがちな現代人は、
裡(うち)なる声(体の要求)をうまく聞き取れなくなっているケースも数多く見受けます。

本来の身体感覚を取り戻し、その人らしい真の健康状態へ導くために
当会では、個人指導(整体)をおすすめしております。

野口整体をベースに、身体均整法やオステオパシー、そして、ロルフィング、セラピューティック・タッチ、内感技法など、 さまざまな手技療術を統合した氣道の個人指導(整体)を心地よくお受けになるだけで、体は弾力を増し、心も軽やかに、
感受性もみずみずしく豊かになってまいります。

また、当会では、個人指導(整体)と共に、
日々の健康づくりにお役立ていただけるよう
自動運動や季節ごとの体操、瞑想や内観をはじめとする、
どなたにも簡単にできるメソッドも各種ご紹介しております。

健康であることは、自然なこと一生を共にする この身心を育む「氣道」

個人指導(整体)や講座を通し、身心が健康になるに従い
ご自身、そして周囲を取り巻く氣の流れにも敏感になってまいります。

健やかな身心からの声(要求)に沿って、自然に生きることの
清々しさ、のびやかな感覚に驚かれることでしょう。

自らの身心が調和したとき、氣の流れもスムーズになり、
生命は輝きを増し、周囲とのコミュニケーションも円滑になっていきます。

この「氣が合う」感覚を通じ、自らの内に眠っていた新たな可能性が目覚めはじめます。

氣に沿って生きることは、皆さまが持って生まれたそれぞれの個性や才能を開花させ
幸福に生きるための一番重要な礎となります。

人は本来、健康であることが自然であり、そのための力を元々宿す存在です。

「自然に生きる道 ―― 氣道」

生命の輝きを言祝(ことほ)ぎ、一生を共にするこの身心を慈しみ、育みながら
ともに「氣の道」を歩んでまいりましょう。

「愉氣」について、長谷川代表の文章

日本には「氣」という言葉が70以上あるそうです。
天気、運気、気分、元気…
そして、天気とは天の氣。運気とは運の流れ。
氣が分かれて感情になると気分。
そして、元気とは私たちの中に元々ある氣のこと。
道教ではそれをタオ(道)といい、仏教では無とか空、その他では神といったり、
野口晴哉先生は宇宙生命、ベーダでは純粋意識とかブラフマンともいうようです。
私たちは氣から生まれ、死に、そこに還っていくのでしょう。
そしてまた、生きている間も、氣と共に生きています。

さて、愉氣とは、氣を輸る(おくる)ことです。
輸るというと、何だか古い気功みたいですが、
明るい人がいると、こちらまで明るくなってしまうように、氣は感応するのです。
ですから、ただ意識(氣持ち)を向けるだけで、愉氣になるのです。
つまり、私たちの日常生活というのは、愉氣の応酬でなりたっているといえるでしょう。

今、世の中では、今回の地震をはじめ、実に様々なことが日々起こっています。
そして、暗い気持ちになれば、その輸氣が感応して広がってしまいます。
でしたら、愉しい気持ちで輸氣していこうではないですか。
そのため、輸氣という漢字が愉氣になりました。

さらには、愉しいも超えて元々の氣、天心になったらいいですね。
そんな想いで、私たちは「氣道」を作りました。
天心になって、自然に生きていけたらいいな、と。
そして、そのために、
自動運動や瞑想をはじめとする自分でできる氣道methodや、
それらを深めていくための他力methodとして、
整体やプハンエステ、温熱療法も紹介しています。
そして、“愉氣グッズ”も、特に震災以降、ずっとそのような気持ちを込めて創っているのです。
(2012年9月の「愉氣法講座(【氣の学校】) 」のチラシより引用)


「氣道とは?」とご興味を持たれた方、全く初めての方は
毎月開催の「氣道会」にどうぞお気軽にご参加ください。

まずはこちらをおすすめいたします

詳細は、事務局にお問い合わせいただくか
どうぞこちらもご参照下さいませ。

ページのトップへ