体験者の声

鴨井裕子さま


鴨井裕子さま 神奈川県在住

  • ご入会:2009年
  • ご職業:主婦・パート
  • 氣道を知ったきっかけ:ちくま文庫「東洋医学セルフケア365日」を読んで
  • 個人指導(整体):月1回程度
  • ご受講講座:個人レッスン(温熱療法、ゼロリングテスト)、「願望実現一日講座」、「眼鏡のはなし」など

鴨井様は体調が優れず、お悩みの頃、文庫をお読みになったことをきっかけにご来場されました。 長年の背中のコリが、氣道会の自動運動で楽になったことに驚かれ、ご入会され、現在は月1度、個人指導(整体)にご夫妻で通っていらっしゃいます。 個人レッスンや講座で学ばれた健康法を上手に暮らしの中に取り入れて、氣道を実践なさっています。


長年、背中のコリがひどく、様々な施術を受け続けてきましたが、なかなか改善せずにおりました。 長谷川先生のお書きになった文庫本の「東洋医学のセルフケア」を読みまして、氣道会に参加しました。

氣道会では自動運動を教えてくださいますね。初めてだったのですが、ゆらゆら気持ちよくからだを動かして数十分…。 その直後、あんなにひどかったコリが消えていることにびっくりして「これは本物かも!」と思い、入会させていただきました。

主人も私の背中のことは心配しておりましたので、その急な変化に驚いたようで、今は夫婦で月1度、個人指導(整体)に通っております。

気になっていた症状の検査結果が思わしくなく、体質改善を!と決意して、整体を受けながら、野菜中心の食事、生水の摂取など食生活を改善し、 個人レッスンで学んだ温熱(アイロン)療法やゼロリングテストも積極的に取り入れて、生活習慣を大きく変えたのです。

かつて、夫の祖母はプハン(吸い玉)やこんにゃく温法などを行なっていたようで、昔の人の智恵のすばらしさにも気づくきっかけになりました。

その後「たちの悪いものではありません…」との結果にほっとしましたが、同時に夜眠れないほど痛痒かった目の周囲のアトピーが改善したことも本当にうれしいことです。

子供が喘息の発作を起こしかけたときに、胸に手を当ててあげるとゆっくり寝付く、ということがありましたが、 氣道に通うようになって、手当てとは愉氣のことだったと気づきました。 今後も氣道のさまざまな世界を少しずつ学んで、人生に生かしていきたいと思っています。