体験者の声

森山典子さま


森山典子さま 神奈川県在住

  • ご入会:1992年
  • ご職業:社会福祉法人理事
  • 氣道を知ったきっかけ:生活クラブ生協のお知らせで
  • 個人指導(整体):月1~2回
  • ご受講講座:「速読法講座」「願望実現講座」「自動運動ライヴ」「砂浴」「湯治合宿」など

二十数年前から長谷川代表の個人指導(整体)を受けていらっしゃる森山様。自動運動やヨーガ、温法や湿布法などを積極的に体得され、長年続けていらっしゃるフルタイムのお仕事やご家庭の中で起こる様々なことを、氣道メソッドで対処されています。


最初に長谷川先生を知ったのは、ひどい腱鞘炎のために首まで回らなくなっていた時でした。整体を受けたら、まずすぐに首が回るようになって驚きました。

それから色々な講座に出席し、教えてもらったことはとにかく自分で試して体験するようにしています。願望実現講座の帰りにくじ引きで「一等当たった」と願望して、見事当たって母と九州旅行に行ったことがありました。 特に頻繁にお世話になっているのは芋湿布で、旅先のひどい捻挫で歩けず、夜になって這って移動せざるをえなくなった時も、たまたま日中に道の駅で購入していた里芋を使って湿布したら、一晩で直り、翌日からは普通に旅行を続けられました。

氣道メソッドは、家で自分で行えることがたくさんあるのが特に気に入っています。日常の緊急事態に対応できますし、周囲の人たちに役立てられるのも嬉しいです。

息子が二人いるのですが、男の子を育てる上で愉氣を知っていたことは本当に役に立ちました。 大きくなってからも、疲れた時などに「愉氣して」と言ってくれるので、手を当てながらコミュニケーションできるのですね。また、次男がとび職のアルバイトをしていた時に3メートルほど落下して、本当に大変な状態になりながらも、すぐに適切な診察を受けられなかったので、痛みでうめきまわる息子に一晩中眠らず愉氣をし続けました。翌日は歩けるほどになっており、本当に愉氣で命拾いをいたしました。

座っていられないほどの腰痛と気持ちの落ち込みが1年ほど続いた時は、整体を受けながら最後に減食を行って経過させました。 その後は仕事上のアイディアがどんどん湧くし、ストレスにも強くなって絶好調です。きっと不調な時期は、自分が脱皮するために必要な時間だったのだと思いますし、 今後色々な波があっても、また経過していけば良いのだな、と思います。

最近は「男本」をすごく面白く読みました。元々仲の良い夫婦だったのですが、それでも分りあえず喧嘩の種になっていた部分が氷解し、ますます夫婦円満に過ごしています。